ぱんぷきん☆どりーむ-pumpkindream-

私「あかさ」がボイストレーニングや興味を持った話題について色々言ってるブログ

GLOWS kyosukeさんの「DM営業カッコ悪い」騒動はミスチル桜井さんが答え出してる件

   

「GLOWS」というバンドをご存知でしょうか?

こちらがその「GLOWS」というバンドさんです。こちらのボーカルの「kyosuke」さんという方、GACKTさんとDIR EN GREYの京さんを足して割ったような声ですね!

しかしこの方があることで炎上しているそうで、今回はそれについて僕が思ったことなんかを記事にしました!それではいきます!

「DMでライブ勧誘しているバンドマンカッコ悪い」騒動

ことの発端はこちらのツイートから始まりました。

kyosukeさんはバンドマンがお客さんに対してDMを送ってライブに来てもらえないか誘っていることを「お客さんなのか、友達なのか」とし、さらに「ライブ見に来てってDM送るのカッコ悪いし、その人達はそれでもステージでカッコつけるのか」としています。

この発言がかなり炎上して模様で、その後kyosukeさんはツイッターでこのように謝罪しました。

まず最初に、お騒がせして申し訳ございません。今回のDMによる営業に関するツイートですが、言葉足らずだったところがありました。

DMそのものを否定している訳ではありません。私もDMを頂いた際は返信させて頂いてます。またライブに行きたいです等感想の連絡を頂いた際は、良ければ○月○日にライブありますと言う事もありました。

今回の発言は、お客さんや今後来てくれるかもしれないであろう第三者へ自発的にDMを送ることに関しての発言であり、その結果お客さんなのか友達なのかわからなくなってしまうこともあり、それが招く問題もある。という事に対しての示唆によるものでした。

各方面から多くの賛否両論いただきまして、DMによる営業で頑張っている方そのものを否定したように感じる内容のツイートだったことは、不用意であったと反省しております。

ただ、今後も私は自らDMを送ってライブの勧誘をする事はしません。これは主観であり、意見の合わない人がいることは承知しておりますが、第三者に急に連絡をするのは心苦しいですし、ファンが来れない時は自分たちの実力不足ということにしてるからです。

偶然でもライブを見る機会に触れたお客さんに自分たちの良さをわかって頂いた上で、お金を払って見に来て頂きたいと思っています。そして、その偶然を逃さない為のライブを作る努力を常にし続けて行きたいと思っています。私は自発的なDMによる営業がなくてもお客さんが集まるバンドを目指します。

関係者各位、ご迷惑をお掛けした事をお詫びすると同時に、ツイートにより不快な思いをさせてしまった方に謝罪させていただきます。

そして励ましの連絡をしてくれた仲間達に、心配してくれたファン達に心から感謝してます。

GLOWS Vo.kyosuke

明らかに軽蔑しているような表現をしていた上で少し苦しい気もしますね…。

まだ『情報解禁』とか言ってんの?ーキングコング西野オフィシャルダイアリーー

キングコングの西野さんのこちらの記事では「お客さんに支援してもらうことで、作り手側に回ってもらう」という発想で、実際に「えんぴつ街のプペル」は支援者1万人で1万部の予約を達成し、その後21万部を売り上げています。

クラウドファンディングと、お客さんに直接DMを送ることは必ずしも同じことではありませんが、現代の営業のやり方としては、それもアリではないかなと思います。

確かに誰しも「良いものを作れば売上(または知名度)はおのずとついてくる」と信じ、職人的に制作だけに取り組みたい気持ちはあると思います。しかしお客さんに直接DMで勧誘するという方法は、そのままでは駄目だということに気づいた結果の苦肉の策のようにも見えます。

その頑張っている様子を見て「応援しよう」という気持ちにもなる時もあるでしょうし、勧誘されたお客様が友達を連れてきたりしてくれたりすることもあると思うので、泥臭くはあると思いますが、僕は「炎上したけど俺は媚びない!」と改めて宣誓するよりはカッコ悪いとは思いません…。

Mr.Children桜井さん「それを音楽で表現しようよ」

この件についてではないのですが、Mr.Childrenの櫻井さんはすでにこういう「アーティストの発言が問題になる事件」全てに対しての答えになるような発言をしています。

「Mr.Children・桜井和寿が政治的発言をしない理由」がアーティストそのもの過ぎて泣ける件

この記事にもありますが、改めて紹介すると、

「ミュージシャンがライブ会場などでメッセージを発信することもあるが、彼らが信頼されてるのは音楽があってこそ。なのに自分自身が信頼されていると勘違いし、言葉を発信するのは謙虚ではない」

今回の件もそうですが、結局「自分が思ったことを音楽で表現してこそのアーティストだろ!」っていうことですよね。そういう点で今回のkyosukeさんも謙虚ではなかったと僕は感じます。

だからといって第三者が袋叩きにする必要はあるのか?

ここまで色々と言ってきましたが、今回の炎上のせいか、一番上で紹介したGLOWSさんの楽曲の動画についてはめちゃくちゃ低評価がつけられ、あげ足取りのようなコメントもたくさん見受けられます。

結果的に話題になったためなんとも言えませんが、今まで興味のなかった人間が、ふらっと行った街の祭りに参加するみたいに、意気揚々と個人を袋叩きにする風潮もちょっと違うんじゃないかなーとも思います。…まぁ僕自身こんな記事を書いておいてなんですけどね笑

というわけで、皆さんは今回ご紹介した件についてどのように感じたでしょうか。ちょっととりとめがない感じになりましたが、この辺で失礼します。

 - 日常