ぱんぷきん☆どりーむ-pumpkindream-

私「あかさ」がボイストレーニングや興味を持った話題について色々言ってるブログ

nanaの楽曲アップロード、投稿できない人は「Audacity」使ってみて!!

      2018/05/26

nana

というアプリをご存知でしょうか。

以前も

nanaの音源を簡単でキレイに録音する方法

こんな記事を書いていますが、nanaは90秒の生演奏を録音して投稿できるSNSで、登録者数は2017年の時ですでに500万人にものぼるモンスターアプリです。

僕も低浮上ではありますが、ちょっと暇があった時なんかは車で人気のない路地に車を止めて、録音して投稿しています。警察のお世話にも何度もなりました。

今回はそんなnanaで楽曲アップロードが可能になったので、そのことについてお話していきます!

楽曲アップロードが可能になった「nana」

nanaは配信当時、スマホやタブレットのマイク等を使って直接録音することしかできず、制作済みの楽曲をアップロードするとなると、スピーカーから流した音を録音したり、色々な機器を経由して録音したりと、かなり遠回りな入力をしなければなりませんでした。

しかし2017年の9月ごろから、音源を直接アップロードすることが可能になったんです!
これにより元々DTMで作っていた楽曲もアップロードできるようになり、僕もdtmを使ってはじめてオリジナル曲に挑戦し、nanaにアップロードすることができました!

越えられない「10MB」の壁

ところが、nanaの指定したアップロードは、以下の条件がありました。

・WAV(投稿時にnana 用フォーマットに自動変換します)
・90 秒以内
・モノラル
・16bit/44.1kHz

この条件に収まるように楽曲を書き出すわけですが、僕の作ったアコギだけのシンプルな楽曲でさえ10MBに収まらず、「この条件でどないすれば10MBなんてヘルシーな音源ができるんや…!!」と憤りさえ覚えました。

しかもビット数を減らして書き出してみると「対応していません」というエラーがちゃんと出る徹底っぷり、これにはもう発狂寸前です。まさに鬼畜の所業…!!

nana「Audacity使えや」

拙いながらも、はじめてできたオリジナル曲の演奏を早くアップしたいという興奮により冷静さを欠いていた僕ですが、nanaの公式サイトを見たところ、

DTMユーザー必見、WEBサイトから音源アップロードが可能に!〜投稿サウンドの作り方〜

こんな記事がありました。「Audacity使えや」ってことでした。結局は説明書を読まないで使うタイプの僕が勝手にパニックになっていただけでした。nanaさん鬼畜とか言って申し訳ありませんでした。

Audacityを使ったnana投稿用サウンドを作るやり方

というわけで、早速「Audacity」を使ってnana用のサウンドを作ってみることに。正直この時点では、「こんなフリーソフト使っても意味ないやろ!」という感じでした。Audacityは下記からダウンロードできます。

Audacity

上記リンクの真ん中あたりの「DOWNLOAD AUDACITY」を押すとダウンロードできました。
開くとこんな感じ。

僕はmac(OS X)を使用しています。シンプルというか…。一昔前のOSみたいな見た目ですね。

今回使用したファイルのサイズは、Audacityで編集する前で15.9MB。操作は簡単で、上記の画像のグレーの部分にファイルをドラッグ&ドロップするだけ。

ファイルを持っていくとこんな警告が出ますが、何も触らずに「OK」を押してもなにも問題ありませんでした。

ファイルを挿入すると、何やら波形のファイルが2つ出てきました。ちょっと波形が違いますかね。

この状態でメニューバーの「トラック」を選択し「ステレオからモノラルへ」を選択します。この際どこかを選択したりということはしなくてOKでした。

すると波形のファイルが一つに!この状態で書き出します。

メニューバーの「ファイル」から「書き出し」を選択して書き出します。あとはファイル名や保存先を選択して終わりです。さぁ、ファイルサイズはどうなったかというと…?

なんと7.9MB!!nanaのデータ上限を2MB以上下回ってます!!こりゃすげー!!さすが公式情報!
実際に投稿できた音源はこちら

【ダーククロニクル】Time is changing【打ち込み】-nana-

普通にアップロードできました!もしまだ「Audacity」を使ってない状態で音源のファイルサイズが10MBを上回る場合は、ぜひ「Audacity」をお試しください!

公式サイトにはその他の編集方法も!

nanaの音源を簡単でキレイに録音する方法

その他にもnanaの公式サイトでは「Audacity」を使った「フェードイン」や「フェードアウト」の方法や、実際に音源データをnanaのサイトからアップロードする方法の詳細が記載されておりますので、興味のある方はご覧ください!

今回の記事は殆ど公式さんに載ってます笑
ただもし「nanaのデータ上限10MBってやばすぎ!」と思った方がいらっしゃれば、そのお役に立てれば幸いです!それでは!

 - 歌のこと