ぱんぷきん☆どりーむ-pumpkindream-

私「あかさ」がボイストレーニングや興味を持った話題について色々言ってるブログ

作曲における「メジャー」「マイナー」キーの設定は気分で決めていい!?

   

前回

Logic pro X「サスペインペダル」機能でピアノの打ち込みクオリティUP!

こちらの記事でピアノの打ち込み音源のクオリティがグン!と上がったわけですが、いよいよこれからは「メロディにコードを付けていく」という行程に入っていこうと思ったのですが、その前に少し戸惑ったポイントがありましたので、少し寄り道しながら進めていきます!

「メジャー」「マイナー」キーの設定って気分でいいの?

僕は現在、DTMレッスンサイト「Sleep Freaks」さんの動画を見ながら勉強しているわけですが、メロディにコードを付けるというところで、下記の動画を見ていました。

その動画の2:25秒あたりの「楽曲のキーを考える」というところで、「メジャー・マイナー」どちらのキーでコードを探すかというところで、動画の講師の方が「私はこのメロディーに対して明るいイメージで作りましたんで、メジャーキーで考えていきます。」とおっしゃっていました。

その後どんどん話しは進んで行くのですが、僕は3分クッキングを見ているような、工程がすっ飛んだような印象を受けました笑

機材や本、音楽理論はNG!DTM初心者は何から始めたらいいのか。

上記記事のように、僕のスタンスは「理論的な話は後回しで、まずは作りたいように作る」ということだったのですが、今回はなんだかモヤっとしてしまったので、思わず調べてしまいました笑

しかも結局「Sleep Freaks」さんのサイトに分かりやすい記事がありました。さすがすぎぃ!!

開き直るようで申し訳ないのですが、「なぜ?」と思ったことに対しては自分の好奇心も手伝って、モチベーションを保つプラスの要素になりますし、それが解決した時の達成感的なものも今後のエネルギーにもなりますので、興味が沸いたものは調べてもいいと思います!笑

サークル・オブ・フィフス(五度圏)

この画像は「SleepFreaks」さんのレッスン「音楽理論 初級編」の中で登場する「五度圏(サークル・オブ・フィフス)」という図です。上記レッスンでは「6. 五度圏(サークル・オブ・フィフス)」こちらのレッスンで初登場します。

この図が上記の問題の解決にものすご~く助かったので、そのまま引用させていただきました。

 

さらにわかりやすくするために、

音楽理論 初級編 8レラティブとパラレル


こちらの記事にある画像を引用させていただきます。上記の画像がそれです。
上記画像も「SleepFreaks」さんの画像なんですが、外側と内側にそれぞれキーの名前が書いてあり、外側の大きい方がメジャーキーで、内側の小さい方がマイナーキーだそうです。

メジャーは「明るい」などのポジティブな印象を与えるキーで、マイナーは逆に「暗い」などのネガティブな印象を与えるキーのようですね。

そして赤枠で囲まれたメジャーキーである「C」とマイナーキーである「Am」のキーがありますよね。上記の「レラティブとパラレル」の記事をご覧いただくとものすご~くよく分かるのですが、この「C」と「Am」のキーは、始まる音が違うだけで、使っている音、音程は(構成音)は全く同じなんです。

でもしっかり、「C」は「明るい」感じに聞こえますし、「Am」は「暗い」感じに聞こえます。本当に不思議ですね!
隣の「G」と「Em」も同じ関係で、つまり赤枠でセットになっている2つのキーは全て、始まる音が違うだけの同じ構成音である、ということになります。

とりあえず「メジャー」「マイナー」は気分で決めてみる。

以上のことから、一番最初に紹介した動画で講師の方がおっしゃっていた「メロディを作った時のイメージが明るい印象だったので、メジャーキーで考えていきます」というのは、

「どのキーであっても使う音が決まっていれば、あとはサークル・オブ・フィフスを見てメジャーかマイナーかの2種類に絞られてくる」という前提があって、あとは曲の印象が「明るい」か「暗い」かだけだから、そこは作った人のイメージ、つまり気分で選んでいる、ということだと僕は解釈しました。

もしくは最初に気分で明るいか暗いかを選んで、あらかじめメジャーもしくはマイナーの選択肢を全て除外しているということですかね。

というわけで、僕はそんな感じに解釈しましたので、とりあえず今は自分の作った曲のキーがメジャーなのかマイナーなのか、気分で選んで行きたいと思います笑
もちろん今後変わる可能性は大いにあると思いますが、それはその時ですかね!笑

というわけで、今回はここまでにして、次はいよいよメロディにコードをつけていければと思います!それでは!

 - DTM日記-初心者の僕がオリジナル曲を作れるようになるまで-