ぱんぷきん☆どりーむ-pumpkindream-

私「あかさ」がボイストレーニングや興味を持った話題について色々言ってるブログ

接客業に転職して気づけたこと。(良かったことや悪かったこと)

      2018/05/23

0006005428I3_740x555y-e1440576496145 (1)

最近、お客様と接する業務に転職しました。
いつもは消費者としての立場から見えていた視点が180度変わり、新しい視点を得たことで毎日が刺激的です。
そして嬉しいことに、接客業に従事する中で培われていく経験は、おそらく歌に通じるものである気もしています。

今回は、接客業に従事することになって気づいたことをいくつか述べていきます。

 

感情表現は大げさに。

まず初めに感じたことは、「お客様に対するリアクションは、少しおおげさなぐらいがお客様との円滑なコミュニケーションを取りやすい」ということです。
お客様からお誉めいただいた時に大げさに喜んだりすると、お客様の方からどんどん恩恵を受けることができますし、逆にお客様の要求に応じることができなかった時も、少し大げさに謝罪すると、お客様もすぐに納得してくださります。

この感情表現に関しては、個人的にはいつもの3倍くらい大げさにリアクションしてお客様にようやく自分の感情が伝わるような印象を受けましたので、もしかしたら今まで消費者の立場から「この店員さん愛想がないなー」と思っていた人も、本当は頑張っていたのかもしれないと思うと、すごく申し訳ないことを思っていたな、と感じました笑

でもこの感情表現を大げさにすることは、歌における感情表現にも通じるものがあるように思います。
接客業におけるリアクションがお客様に正しく伝わるようになれば、歌においての表現の幅も広がりそうです。

「お客様に自分の感情を伝えるには、いつもの3倍ぐらいのリアクションをする」ということを今後も意識していけば、仕事でも円滑にお客様との交流ができ、今よりももっと表情豊かな歌が歌えるようになると思うと、まさに一石二鳥ですね!

従業員に対する気遣いの気持ち。

いつもは消費者としての視点でしか知りえなかったものを、この仕事を始めてからは、従業員の視点でも知ることができるようになりました。

自分が「お客様」である時には気づけなかったり、気にも留めなかったことが、従業員の視点で見ると非常に細かいところまで配慮されている印象を受けました。

お客様の一挙手一投足に注視し、何がしたいのか、何を求めているのか、ということを見極めて提供する。
お客様の仕草を見て、「こうしてほしいんじゃないかな?」という推測がぴったり合った時の快感は今まで知り得ることがなかったものであり、ものすごく爽快で楽しいです。接客業というのはかなり「人減観察」ができる仕事だなと思いました。

視点が変わってから感じたのはそれだけではなく、「従業員に対する礼儀」に対しても重んじるようになりました。
やはり仕方のないことなのですが、「店員」という存在を立場的に自分より下に見ている人というのは、実際に接客業を体験するとかなり多いように思いました。

しかし、従業員というものは、お客様に対して自身ができる最高のおもてなしをしようと、常にお客様の一挙手一投足に注視していますので、お客様の対応に対して「横柄だ」とか「非常識だ」と思うことも少なくありません。
その度に僕自身も歯がゆく思ったり、残念な気持ちになることもあります。

そういう店員の気持ちを知ったからこそ、自分は消費者の立場であっても、従業員に配慮できるよう努めようと思えるようになりました。
以前の記事の

歌が武道(体術)でもあるからこそ気をつけたいこと。

でも述べましたが、強大な力を身につけても、常に正しくあろうと自分を律し、決して力に溺れないことが、自分にさらなる成長をもたらすわけです。身に余る力は心に驕りと傲慢さを生みやすく、これは「お客様」と「店員」の社会的な地位の格差においても言えることだと思います。

自分より立場の弱い人たちには、上からものを言ったり、相手に対して敬意を払わなくなりがちですが、そこを謙虚に、正しくあろうと思うことは、相手に対しての気遣いにもなるので、こういった視点を知れたことは、僕にとってかなりプラスになることのように思いました。

実際、謙虚で礼儀正しいお客様に関しては、本当にお得な情報や試供品、クーポンなんかをおまけであげたりしていますので、横柄だったり、非常識なお客様に関しては、損をしていると言わざるを得ません。

自分より弱い立場の人であっても、礼節を重んじることは、自分の成長にもなりますし、相手も気持ちが良いと思うので、結果的に一石二鳥ですな!

[adsense2]

 

最低限の礼儀作法

お客様と接する以上、失礼があってはいけないので、お礼の仕方や、敬語の使い方などは、一通り覚えることができます。
また、業種によってはお中元などでお願いされる「のし」の書き方、プレゼントするための「ラッピング」などのやり方も学べます。

今後どのような職業に就いても、「礼儀作法」というものは変わりません。
学校では知りえない、本当に現場で使える礼儀作法が、接客業ではより多く学ぶことができるように思います。

前の職場で接客業を学生時代に経験した人なんかは、ある程度お客様に対しての言葉遣いや、お礼の仕方などがしっかりしている印象を受けましたが、納得しました。

相手に失礼が無くなる上、自分自身も今後使える知識を学べますので、これもまた一石二鳥ですな!!

接客業は義務教育にしてもいいんじゃないか

接客業は、社会に出るために必要な知識がかなり凝縮されているように思います。
僕もアルバイトの時から接客業やっときゃよかったよ!と思うほどでした。

でも一番重要なのは、「消費者と店員の両方の視点で物事を捉えることができる」ということだと思います。

やはりどうしても横柄な態度のお客様や、非常識なことをするお客様というのは少なくありません。
そういう人たちに対して、自分の行いがどれだけ相手にとってストレスとなっている行為であるかを知ってもらうには、同じ立場に立ってもらうほかないように思います。

現状では客様への注意をしたところで、それはほかのお客様にも迷惑がかかっている行為でさえ、店員が注意しても聞く耳を持ってくださるお客様は少ないです。

接客業が義務教育化されることで、横柄な態度をしているお客様を、同じ立場である他のお客様が非難できる環境が出来上がればいいなと思います。
接客業を体験したことがない人であっても、まずは「自分より弱い立場の人に対しても礼節を重んじる」ということを意識していただきたいと思います。

それは必ず自分にとっての成長をもたらしますし、相手も喜びます。
そうした循環を構築し、今よりもっと、お客様と店員の関係が良くなればいいなと思います。

それでは、長くなりましたので、これにて失礼!

 - その他, マインド, 日常