ぱんぷきん☆どりーむ-pumpkindream-

私「あかさ」がボイストレーニングや興味を持った話題について色々言ってるブログ

ZOOM R8で実際に録音してみよう!

      2018/01/08

zoom-r8-e1440577339164

ここまでのおさらい

ZOOM R8で、バックで流す曲を入れよう!(カラオケの挿入方法)
僕なりのZOOM R8を使った「歌ってみた」のやり方〜PAN/EQの設定〜
僕なりのZOOM R8を使った「歌ってみた」のやり方〜エフェクトの設定〜

 

ZOOM マルチトラックレコーダー 2Tr同時録音8Tr同時再生 オーディオI/F機能搭載 R8

 

録音しよう!

さてさて、ノートPCを持っておらず、家での録音も難しい私、あかさが「歌ってみた」を投稿するまでの道のりを公開しているわけですが、いよいよ!

自分の声を録音してみます!

前回の

ZOOM R8で、バックで流す曲を入れよう!(カラオケの挿入方法)

こちらでは、バックに流す曲をセッティングしたので、次にマイクを装着します。

マイクは僕の場合、スイッチ付きの「SM58」

【国内正規品】 SHURE SM58SE ダイナミックマイクロフォン

こちらを使用していますので、今後もその設定でいきますね笑
いずれ他のマイクも試してみたいなー。

ちなみにケーブルは

CANARE/カナレ マイクケーブル 3m XLR(メス)⇔モノラルフォン PC03

これです。

通称「フォン」と呼ばれるタイプで、これとはべつに「XLR」という端子があります。

4571106805586

 

こちらですね。

ZOOM R8は

zoom_r8a_3

赤丸の穴にどちらでも挿入できるようですので、フォンとXLR端子の違いが分かるまで、とりあえずはフォン端子のケーブルを使っていきますね!(どう違うのか、有識者の方がいらっしゃればアドバイスいただきたいです笑)

というわけで、こちらに差し込みます!

securedownload-6

 

こんな感じになりました!

そしたら挿入したマイクを認識させるために、

securedownload-5

 

マイクを挿した方の「on/off」のボタンを押し、赤く点灯させます。

このとき、「zoom」ロゴ直下のスイッチは、真ん中の「MIC LINE」にしておきます。

[adsense2]

 

これでマイクが認識されましたので、次はマイクを通して録音した声を保存するトラックを選択します。

ZOOM R8には、下部に1〜8までのトラックのボタンが並んでいますが、前回の記事でカラオケ音源を挿入したので、1と2のトラックはすでに使われています。

試しに1のボタンを押していただくと、2も連動して、同じ色のランプが点灯すると思います。

ですので、自分の声を録音するトラックは、3のトラックから、8のトラックまでとなります。

今回は、3のトラックに録音するために、「3」と書かれた真上のボタンを押します。

何度か押すと、緑と赤の色にそれぞれ点灯すると思いますが、今回は赤色にしておきます。
ちなみに、この色の違いですが、

緑色・・・再生の準備ができている

赤色・・・録音の準備ができている

ということだと思います笑

ということで、「3」のトラックを点灯させましょう!

securedownload-4

はい、こんな感じです。

1と2のトラックはカラオケ音源が入っているので、緑色に点灯させておきましょう。

そして入力する方のマイクのランプと、「3」のトラックのランプは赤く点灯させましょう。

そしたら一度、

「GAIN」のつまみと、「3」のトラックの下にある上下できるつまみ、そして「MASTER」と書かれたところの赤いつまみを上下させて、いい感じに聴こえるようにしましょう。

このとき、イヤホンやヘッドホンがないと自分の声やカラオケ音源等を聴くことができませんが、ZOOM R8は、普通のイヤホンより太い端子でないと挿入することができません。

フジパーツ ステレオミニプラグ→ステレオ標準プラグ変換プラグ AC-666

太い方が「標準」らしいのですが、こういった変換プラグが必要なので、用意しておきましょう!

これが分からず僕は急いで家電屋さんに走りました笑
普通のイヤホンを差し込んで使うやつです!

ちなみにイヤホンやヘッドホンの差し込み口は

zoom_r8a_3-2

ここの赤い部分です。この穴に差し込んで、左のつまみで聴こえる音量を調節します。

さ、変換プラグを差し込んで、イヤホンやヘッドホンから聴こえる音をたよりに、音を作っていくわけですが、ここで注意しておくことがあります。それは

聴こえる音量がそのまま録音されるわけではない

ということです。

入力されている音量は、実際に録音して聴いてみないとよく分からないです。
僕も何度もやりましたが、だいたいは声が小さく録音されていました。

これに関しては、僕自身まだ理解できておらず、上手く説明できませんが、

付属するマニュアルのP.21以降を参照しながらセッティングするといいと思います。

そんなこんなで僕が初めてとった声が↓こちら

初めてZOOM R8で録音した天樂(声だけ)

 

声遠い・・・orz

 

マイクの特性や、マイクとの距離、各種設定についてもっと勉強しなくてはいけませんね・・・。
「歌ってみた」までの道のりはまだ遠い・・・笑
でも毎回少しずつ前進できているようで嬉しいです!次はEQやエフェクトなんかもいじっていきたいですね!

・「歌ってみた」についてのやり方が分からない!
・「家にPCあるけど持ち出せない・・・」
・「家で録音できないし、ノートPCもない・・・」

という方々は、是非ZOOM R8を試してみてはいかがでしょうか?

そして僕に色々教えてください(泣

 

では!

ZOOM R8で、バックで流す曲を入れよう!(カラオケの挿入方法)
僕なりのZOOM R8を使った「歌ってみた」のやり方〜PAN/EQの設定〜
僕なりのZOOM R8を使った「歌ってみた」のやり方〜エフェクトの設定〜

 - 歌のこと