ぱんぷきん☆どりーむ-pumpkindream-

私「あかさ」がボイストレーニングや興味を持った話題について色々言ってるブログ

ZOOM R8で、バックで流す曲を入れよう!(カラオケの挿入方法)

      2018/01/08

zoom-r8-e1440577339164

ZOOM R8で実際に録音してみよう!
僕なりのZOOM R8を使った「歌ってみた」のやり方〜PAN/EQの設定〜
僕なりのZOOM R8を使った「歌ってみた」のやり方〜エフェクトの設定〜

さて、先日

ZOOM R8を買いました!

ZOOM マルチトラックレコーダー 2Tr同時録音8Tr同時再生 オーディオI/F機能搭載 R8

こちらのMTRを購入したのですが、初めてのMTRということもあり、

苦戦しております・・・笑

Twitterでもたくさん質問してしまって申し訳ないです。

 

テンションMAXで購入したのはいいのですが、僕みたいな完全な初心者には、

説明書が結構難解なんです・・・orz

なので、メモの意味も含めて、記事にします。
同じ機種を購入して悩んでいる人が、この記事で問題解決できれば幸いです。

カラオケを流す

今回は「カラオケの音源を流す」ということについて述べていきます!

このZOOM R8は、SDカードがついていて、そこに音源や音声等が記録されていきます。
付属している2GBのSDカード内には、説明書のPDFが入っていますので、消さないようにしましょう!笑

SDカードをPCに挿入すると、

スクリーンショット 2014-03-09 14.29.43

 

このようなアイコンが表示されると思います。(僕のPCはmacなので、windowsの方はもしかしたらちょっと違うかもしれません)

こちらをダブルクリックすると、

スクリーンショット 2014-03-16 14.20.15

 

このような画面になると思います。
ちなみに選択している「ZOOM_R8」(青い部分)の一つ上の項目に、さっき述べた説明書のPDFが入っておりますが、ここには日本以外の国の言語のマニュアルも一緒に入ってます。日本語以外を削除すると記録できる容量が増えるので、消してしまってもいいかもしれません笑

「ZOOM_R8」(青い部分)を選択し、3項目あるうちの「PROJECT」を選択すると、現在作成しているプロジェクトが出てきます。何もいじっていない状態では「PRJ000」だけがあります。

すると、いくつかファイルが表示されると思いますが、その中の「AUDIO」のファイルの中に、あらかじめ用意した自分が流したいカラオケ音源を挿入することで、曲を入れたプロジェクトでだけ、そのカラオケ音源を再生させることができるようです。(違ったらごめんなさい、というか、他のプロジェクトにも挿入できるようなら僕に教えてください笑)

下記の3番目の画像の「FILE」ではなく、「OTHER PRJ」を選択すると、他のプロジェクト内にあるカラオケ音源をコピーできるようです!

これで下準備は終わったので、SDカードをPCからZOOM R8に差し込み、起動させます。

r8

そして赤丸の「TRACK」を押します。

r8_1

次に「TAKE」を選択。

r8_2

そして「FILE」を選択すると、自分が挿入した音源のファイル名がありますので、それを選択することで、演奏が流れます。

そしてカラオケ音源を挿入すると、自動的に1番と2番のトラックがカラオケ音源にあてられるようです。

r8_3

[adsense2]

 

こんな感じで、1番と2番のトラックは、カラオケ音源挿入後、連動します。

試しに1番のトラックの音量を上げて、再生ボタンを押してみましょう。このとき、ランプが緑色に点灯していることを確認してください。
カラオケ音源が再生されれば成功です!

 

とまぁ、説明書の読み方もよく分からなかったので、手探りでここまで来ましたので、「他にもこんなやり方が!」とかあれば言っていただければと思います。

僕が「歌ってみた」を投稿するのは、まだ先になりそうですな笑

こんな感じで、色々いじっていって、その過程なんかを記事にしていきます!参考になれば幸いです!では!

ZOOM R8で実際に録音してみよう!
僕なりのZOOM R8を使った「歌ってみた」のやり方〜PAN/EQの設定〜
僕なりのZOOM R8を使った「歌ってみた」のやり方〜エフェクトの設定〜

 - 歌のこと