ぱんぷきん☆どりーむ-pumpkindream-

私「あかさ」がボイストレーニングや興味を持った話題について色々言ってるブログ

僕が思う「表現力」のある歌手。

      2018/01/08

U4TPwTrNX8Kqp6hIpoRs2D1eYi5SFvrP

 

歌は体術であり芸術です。

「歌」というのは、「自分と言う楽器を自分で演奏する事」だと思います。
ですので、自分と言う楽器を作ること、自分と言う楽器を奏でることが必要なわけですね。

自分と言う楽器を作る・・・体術(体の使い方を知る)

自分と言う楽器を演奏する・・・芸術

ということだと僕は思います。

 

ミックスボイス、ミドルボイス、ヘッドボイス、腹式呼吸、ビブラート、正確な音程などは、言わば「体術的」な面と言えるでしょう。
「表現力」というのは、言わば「芸術的」な面の方だと思います。

どちらも「歌唱力」という点で度外視できませんよね。
今回は「表現力」について僕なりの考えを述べていこうと思います。

 

表現力ってなに?

「表現力」というのは目に見えない要素であるため、評価する上でも度外視されることが多い気がします。
どうしても「ピッチが安定している」「高音が出る」「声量がある」などの分かりやすい物差しで測られてしまいがちですよね。

僕自身なんとなくでしか感じる事はできませんが、僕は

声に表情があるかどうか

ということだと思うんです。

もちろん「情景が浮かぶよう」とか、そういったことも「表現力」だと言えるでしょう。
ただ情景に関しては、歌手としての表現力ではなく、楽曲や作詞の能力における「表現力」のような気もします。

単純に歌手としては、「切なそうに歌うなー」とか「楽しそうに歌うなー」ということ、声だけで喜怒哀楽を表せることができる人が、「表現力」のある人だなーと思います。

 

声に表情をつける

では実際に自分でも声に表情をつけてみましょう。

と言われて、「喜怒哀楽」をつけることって本当に難しいと思います。

自分が意図した表情を、聴き手がダイレクトに感じてくれるか、という問題ですので、個人でもどうしようもないんですよね。
自分の音源に対し「喜怒哀楽あるなー」と思っていても、聴き手はそれを感じなかったりするものです。

よくボイトレを受けてたりすると、「楽しそうに歌って!」とか「悲しそうに歌って!」とか、そういったことを指摘される事もありますが、自分がそう思っていても、他人には伝わっていない事が多いですよね。

この基準が完全に「他人」に依存するあたりが、「表現力」もとい「声に表情をつける」ことの難しさだったりすると思います。

 

僕が「表現力があるなー」と思う歌手。

それでも表現力がある歌手というのはたくさん存在します。
今回は僕が「表現力があるなー」と思う歌手を挙げていきますね!

デーモン閣下(聖飢魔Ⅱ)

まずはこの方でしょう。

僕の好きなアーティストを紹介します-聖飢魔Ⅱ-

こちらでも述べましたが、閣下の歌唱力を支えるのは「表現力」だと思います。
ユーモア溢れる性格もあってか、とても表情豊かですよね。
聖飢魔Ⅱの楽曲はかなり幅が広いのですが、それらを歌いこなす閣下は本当に素晴らしいと思います。
バラードを歌う時に伝わる「優しさ」「力強さ」はホントに異常ですwww

「BAD AGAIN〜美しき反逆〜」「空の雫」「嵐の予感」とか、閣下の優しさ、力強さがスゴく伝わると思います。

中島みゆきさん

この方の表現力もずば抜けていると思います。
声の表情というか、幅が広いですよね、ドスの効いた声や、あどけないような明るい声とか。
そしてそれらから悲しさや優しさがしっかりと伝わってきます。

元々楽曲自体も表現力が豊かな印象を受けるので、相乗効果なのでしょうか。

「ファイト」とか「糸」「命の別名」とか聴くだけで、彼女の表現力がスゴい事が分かると思います笑

井上陽水さん

モノマネをされる方もたくさんいらっしゃいますし、僕もたまにモノマネしますが、この方の楽曲を聴けば聴くほど、それがいかに薄っぺらいものであるかというのを痛感します笑

基本的に優しさが滲み出ているのですが、悲しい曲や暗い曲なんかでは「悲しさ」「嘆き」といった感情が鋭く伝わってきます。
しかもにじみ出ている優しさが、悲しい曲なんかでは「卑屈」なような、半笑いで自分自身を蔑んでいるように聴こえてくるので、尚の事切なくなってきます・・・。

作詞作曲、曲名のネーミングセンスも含め、天才的だなーと思います。

「少年時代」「夢の中へ」ぐらいしか知らない人が、「人生が2度あれば」とか「傘がない」とかを聴くとびっくりするんじゃないかなー笑

美空ひばりさん

この方もすごいですね・・・。
フレーズに含まれた様々な感情を的確に声に現す事ができていると思います。
「優しさ」とか、単純な感情ではなく、「期待していたのにがっかり」とか、そういった複雑な感情も的確に表現されてる気がします。
「車屋さん」「終わりなき旅」とかスゴい好きです。

桜井和寿

ミスチルの桜井さんです。
元々はスゴく優しい声や歌い方をしますが、その反動だと言わんばかりに歪んだ楽曲がたまに出たりしますよね。
アンバランスではなく、むしろそれが人間らしさを伝えてくれている気がします。
「HERO」とか「しるし」とかを聴いた後に「フェイク」「REM」とか聴くといい感じですねー笑
ライブバージョンの「NOT FOUND」とかもスゴく好きです。

DIR EN GREY 京さん

上記の人たちのように、ポジティブな感情やネガティブな感情など、幅があるわけではないように思いますが、この方の「嘆き」や「悲しさ」「負の感情」の伝わり具合は凄まじいです。

ライブではもはや楽曲が難しすぎる影響でほとんど歌えていませんが、それでも許される所以が、彼の「表現力」であると思います。
刺すような悲しさ、怒り。
それぞれの楽曲に存在する「静」と「動」の展開がそれを助長していて、まるで自分が抱える負の感情さえも叫んでくれているような気分になります。

藤原元央さん(BUMP OF CHICKEN)

僕が楽曲の「表現力」について考えるきっかけとなった方です。
「続・くだらない唄」の最後の方で、少し笑いながら、吹き出しながら歌うフレーズがあるのですが、そういう表現をする人を中学生の僕はまだ知らなかったので、とても衝撃を受けました。

僕が表現力を考えるようになったのは、それからのような気がします。
本人自体は割と淡々と歌う「脱力系」だと思いますが、楽曲がもつ感情というのか、それが素晴らしいです。

[adsense2]

 

テレビで見るぐらいしか知らないが「表現力があるなぁ」と思う歌手

普段テレビとかで見ていても、「スゴい感情が伝わるなー」という歌手の方がいらっしゃいます。
残念ながらあまり楽曲は知らないので、リストにします笑

吉田美和さん(ドリカム)

彼女の表現力はとても豊かですよね。
「音を楽しんでいる」という表現が一番良く似合う方だと思います。
明るい印象を受けますが、たまに切ない歌なんかを歌われているのを聴くと、普段とのギャップもあってしっぽりしてしまいますね笑

吉岡聖恵さん(いきものがかり)

「歌のうまさをひけらかさない吉田美和さん」という表現が僕的に一番しっくりきます笑
素直で活発な性格が歌にも出ていて、とても元気が出ますね!
あまり切ない楽曲を知りませんが、これだけ元気を表現できるだけでもすごい表現力だと思います。

布施明さん

この人はホントすごいですよねー・・・。
残念ながら「マイウェイ」とか「君は薔薇より美しい」とかしか知らないのですが、それぐらいでもこの方の表現力は垣間みれます。

 

パッと思いつく限りではこんな感じでしょうか!
また追記があれば第2弾とかもしてみたいですね!

それでは!

 - 歌のこと